つまづきやすい「特殊音節」

特殊音節とは「きゃ」「きゅ」「きょ」などの拗音、小さい「っ」の促音などのことを指します。この特殊音節は学習障害(LD)の子どもたちでなくてもつまづきやすい領域だと言われています。

これには理由があります。それは、日本のかな文字は基本的に一文字一音節(「あ」を”a”と読む。)で対応できますが、そのルールにも例外あります。それが特殊音節です。例えば「らっこ」の小さい「っ」は文字としては存在しますが発音しません。特に音と文字との対応が難しいLDの子どもたちにとっては特につまづきやすい点です。

特殊音節を指導する際、「経験や繰り返しの学習」に頼るのではなく、明確なルールに則って指導する必要があります。

指導する際、「視覚性語彙」という概念がポイントになります。視覚性語彙とは、逐字ではなく語をかたまりとして捉えることです。私たちはよく目にする言葉は見ただけでその言葉はなんと読むのかを認識することができます。「りんご」「おはよう」「ありがとう」などは一目見て何が書かれている認識できると思います。しかし、「ホソヒラタハムシ」「ナナフシモドキ」「エスワティニ王国」など、見慣れない語に関しては逐次読みでなければなかなか読むことができません。

読むことが苦手なLDの子どもたちは普段たくさん目にする視覚性語彙であっても、一目見て何が書かれているか認識することができず、逐次読みをする傾向にあるのです。その結果、読むのにかなりのエネルギーを要し、時間もかかるため相当の疲労感やストレスを感じてしまいます。

適切な支援によって視覚性語彙を増やし、読むことへの疲労感を軽減させることがとても重要です。

「読む」という行為は、ただ単に文字を音に変換するだけではありません。その言葉や文が何を意味しているのかを受け取り、理解することが必要になります。語や文を読んで自分の中で豊かなイメージを描くためにも、語彙を増やしていく必要があります。

具体的な支援についてはこのnoteでどんどん書いていきます!

新井清義

発達障害、とくに学習障害でお困りの方に向けて、「個別オンラインカウンセリグ」を実施しております。

理由は様々ですがカウンセリング中だけでなく相談者様自信が日々改善できるように正しい知識をお伝えすること習慣化や継続のノウハウを生活に取り入れること、行動していく中でうまくいかないことを軌道修正することなどをお手伝いいたします。

ご興味のある方は、ぜひお気軽にお申し込みくださいね。

カウンセリング内容

1回あたり60分の個別コンサルティング。
※ミーティングアプリ「zoom」を使用したオンラインでの実施

・学習障害の基礎知識
・進学について
・学習に関する相談
・生活の中での困り事
・合理的配慮について

など、お子様のお困ごとを直接のコンサルティングにてヒアリング。お子様にあった解決策をオーダー
メイドでご提案。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。